〒194-0022 東京都町田市森野1丁目35番8号、TEL:042-721-8855

東京都町田市【町田東口クリニック】更年期障害、鍼灸治療、緊急避妊、アフターピルなど

子宮頸癌予防ワクチン

  • 更年期障害
  • 鍼灸治療
  • 緊急避妊法
  • ピル外来
  • 性行為感染症
  • 子宮頸癌予防ワクチン
  • 進行癌・再発癌の治療
  • ED外来
  • 坐禅会のご案内
Mobile Site

ご来院前にご確認ください

子宮頸癌予防ワクチンとHPV(ヒトパピローマウイルス)について

子宮頸癌の原因の多くはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染によって起こります。
HPVの感染は性交渉により成立します。
男性では陰茎ガンや前立腺ガンなどと関係があるともいわれています。
コンドームを使用することにより一定の予防効果は期待できます。しかし性交渉を経験したことのある女性はほぼ全員が何らかのHPV感染を受けているといわれています。ですが、HPV感染は多くが一過性であり、自らの免疫力により、自然にHPVが消失します。
しかも、HPVには100種類以上の型があり、子宮頸癌の原因となるウイルスは、その内の10数種類程です。
そのような、発癌能力のあるHPVに長期間感染した場合に子宮頸癌へと発病していく可能性があります。

最近、我国では若い女性の子宮頸癌発症が増加しています。早期で癌がみつかる場合には将来の妊娠、出産が望めるような治療で完治することも可能です。
性交渉を経験したことのある方は早いうちから、定期的に子宮頸癌検診を受けることをお勧めいたします。又、発癌能力のあるHPVに感染しているかどうかの検査も受けられると、より確実な発病予防となります。
しかし残念ながら、現在我国ではHPV検査は公的補助や健康保険の対象外となっており、自費での検査になります。
当院では子宮頸癌検診及びHPV検査を行っております。

子宮頸癌予防ワクチン

現在我国で投与できるワクチンは2種類あります。
発癌能力の高い16型と18型の2つのHPV感染を防ぐことができるワクチンと16型、18型に加えて尖圭コンジローマの原因ウイルスの6型、11型の4つのHPV感染を防ぐことができるワクチンがあります。
どちらも6ヶ月間に3回接種することでかなり高い子宮頸癌予防効果が得られます。しかし、すべての発癌能力のあるウイルスに有効ではないので、定期的に子宮頸癌検診を受けることが必要です。

ページの先頭へ